■TOP

いしぶみCLIENシリーズ用レザーホルダーケース
Photoレビュー(by SPA)

2001.11.26(月)

表です。留め具のバンドの形がプラスティックホルダーケースと違います。また、ジョグ周りのファンクションにアクセスしやすくするため、エクストリームリミテッドさんの横型ケース同様の切り込みが入っています。(左がレザーホルダーケースで、右が以前ご紹介したプラスティックホルダーケース)

裏側です。留め具のバンドの取り付け位置が端になっています。革素材はプラスティックホルダーケースと同じに見えます。感触は若干柔らかい感じはしますが、たぶん気のせいだと思います。(左がレザーホルダーケースで、右がプラスティックホルダーケース)

上から見てみました。プラスティックホルダーケースよりも若干厚みが押さえられたという感じです。ちなみに、上部から差し込んで収納するタイプなので逆さにして強く振ると本体が抜け落ちる可能性があります。(下がレザーホルダーケースで、上がプラスティックホルダーケース)

下から見てみました。やはり美しさではプラスティックホルダーケースの方が上です…。また、ケースの最下部が本体の重みですこし出っ張る感じがします。コネクタ部分をしたにして落とした場合、端子周りの革が薄いため保護性という点で心配が残ります。(下がレザーホルダーケースで、上がプラスティックホルダーケース)

横から見てみました。N7X0のジョグ周りのファンクションにあわせて革に開口がありますが、N600を入れると少しスカッとした感じです。こちらサイドの保護性はレザーホルダーケースの方が上かもしれません。
(下がレザーホルダーケースで、上がプラスティックホルダーケース)

開いてみましょう。液晶周りの側もすっぽりとケースに隠れます。側の革は薄いのでボタン類が操作しづらいということはありません。留め具もプラスティックホルダーケースと同様右側です。画像ではわかりにくいかもしれませんが、本体が下を基準に収納される構造のため上部に1cmほどの空きが出ます。(下の画像を参照のこと)プラスティックホルダーケースのサイズに合わせた結果こうなったのだと思いますが、この部分を詰めるだけで小型化が実現できたと思うと残念でなりません。

カードホルダーとメモステ収納スペースはプラスティックホルダーケースと全く同じですが、スタイラスホルダーはマチの部分のセンターにあります。すたQもちろんOKです。

横型ケース選びで一番重要なジョグ廻りの作りですが、N600を入れるとこのような感じ。収まりは今ひとつといったところです。さらに、N600の場合N700よりも上にジョグがついているため、革の切り込み部分に親指がもろに当たってしまい、操作性が悪くなります。

N700を入れるとこのような感じ。収まりはN600よりは良く、ジョグへのアクセスもしやすいと感じましたが、N600のと比べてという意味で、操作性はプラスティックホルダーケースに軍配が上がります。

また、サイドの革のでっぱりが干渉してホールドボタンの操作性に難があると思いました。

最後に総評を。

プラスティックホルダーケースを比較対照にしてしまうので、レザーホルダーケースはだいぶ辛口のレビューになってしまいました。それだけプラスティックホルダーケースのできが良かったのだと思います。

本革で\3,480は確かに安価ですし、N7x0ユーザーはそれほど気にせず使えるとは思うのですが、N600ユーザーにはジョグ周りの操作性からあまりおすすめできませんし、プラスティックホルダーケースとの\1,000の価格差をどう見るかということもあります。

いしぶみさんのケースであれば、個人的にはプラスティックホルダーケースをお薦めします。

2001.11.26初出

All rights reserved. Copyright (C)2000-2004, SPA/CLIE User Club!